四国化成工業株式会社

環境・社会活動

環境保全目標

温室効果ガス排出量削減及び省エネルギーの推進

当社の温室効果ガス(二酸化炭素)排出量は、2017年度の実績は41千トンで2016年度の44千トンに比べ6%減少した。不溶性硫黄、ネオクロールの増産による原単位改善と、電力排出係数の低下が主な要因であった。
政府は、国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で温室効果ガスの削減目標を「2030年までに2013年比26%削減」と表明しており、この内、発電所や企業の活動などで排出する二酸化炭素は、21.9%の削減となっている。本目標を達成するためには、原子力発電所の再稼動や再生可能エネルギーの導入など、エネルギー政策に依存するところが大きいが、当社も引き続き省エネルギーを推進し地球温暖化対策に協力しなければならない。

  • 各生産事業所は使用エネルギーの対前年度比1%(原油換算生産原単位)以上の削減を目標とする。
    • 全員参加型の改善活動を推進し、生産効率の向上、ロスの削減、機器性能改善を行い、更に廃熱・冷却水の再利用、熱利用設備や空調機器・冷凍冷蔵機器の定期点検で、省エネルギーを達成する。
    • 充電が必要な機器は夜間電力の利用を推進し、電力の平準化を図る。
  • 各非生産事業所は電力使用量の対前年度比1%以上の削減を目標とする。
    • クールビズ、ウォームビズの徹底で省エネ設定温度(夏季28℃以上、冬季20℃以下)の順守、空調機器の定期的な点検と高効率機器への更新、LED照明器の導入により、省エネルギーを推進する。
  • 物流購買部門は、製品輸送効率の向上に努め、輸送に関わる二酸化炭素の排出量原単位を前年度比1%以上削減する。
  • 営業車へのエコカー導入により省エネを図るとともに、カタログ等の積載量を適正化して省エネ運転に努める。

産業廃棄物減量化の推進

  • 各生産事業所は社外処理産業廃棄物対前年度(生産原単位)以下を目標とする。
    • 設備の運転トラブルや品質不適合による廃棄物の発生ゼロを目指す。
    • 原材料の仕様と包装形態及び廃棄物の性状と管理等を見直し、廃棄物発生量の削減及び再利用・再使用を推進する。
    • 電子掲示板、電子メールの積極的な利用やタブレットの導入検討で真のペーパーレス化を目指す。

有害化学物質の生産事業所外への排出削減の推進

  • 環境関連法を順守し、PRTR指定有害化学物質の排出に対して、各生産事業所は削減計画を策定し実施する。
  • COD、BOD、窒素等の水系への排出に関与する生産事業所は排出量を削減する。

安全操業の推進

  • 各生産事業所は設備の維持管理及び保安防災に努め、安定した安全操業を推進する。

環境保全活動への積極的な参加と協力

  • 地域の環境保全活動に積極的に参加する。
  • 取引先と連携して環境保全活動を推進する。

環境管理システムの運用

  • 各生産事業所は、ISO 14001の積極的な活用を図り、環境への様々な負荷を抑制する。

ISO 14001認証書

ISO 14001認証書・付属書(丸亀工場)

丸亀工場

ISO 14001認証書・付属書(丸亀工場)

徳島工場(北島事業所)

矢印アイコン PageTop