四国化成工業株式会社

株主・投資家情報

ディスクロージャーポリシー

1. 基本方針

当社グループは、「企業行動憲章」において、会社情報の適時開示の基本方針として、「株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を適切かつ公平に開示し、企業活動の透明性を高めます。」と規定しています。
株主をはじめとして、投資家、取引先、地域社会等当社グループを取り巻く多様なステークホルダーに対する適切な情報開示をとおして、ステークホルダーの皆様と建設的な対話をしていくことを情報開示の基本としております。

2. 情報開示基準

当社グループは、金融商品取引法その他諸法令並びに証券取引所の有価証券上場規程に定める適時開示規則に従って情報開示を行います。
また、上記に該当しない情報であっても、投資家の投資判断に重要な影響を与える場合など、ステークホルダーに重要な影響を与えると判断する情報につきましても積極的に開示してまいります。

3. 情報開示方法

当社グループは、法令・適時開示規則に定められた方法に従って情報開示をします。
なお、適時開示規則に該当する情報は、同規則に従って東京証券取引所が運営する「TDnet」や当社ウェブサイト等に掲載いたします。
また、その他ステークホルダーに重要な影響を与えると判断する情報につきましても、機関投資家や個人投資家向け説明会、当社ウェブサイト等をとおして、適宜、適切な方法で開示いたします。

4. 沈黙期間

当社グループは、決算情報の漏えいを防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、決算(四半期決算を含む)期日翌日から当該決算の発表日までを沈黙期間として設定しています。
なお、同期間中であっても、法令・適時開示規則に従って開示が要請される情報については、適切な開示を行います。

5. 将来の見通しについて

当社グループが開示する情報には、業績予想、計画、目標等、将来の見通しに関する情報が含まれているものがあります。これらの情報は、経済情勢、市場動向、諸制度の変更等様々なリスクや不確定要因により、大きく異なる結果となる可能性があります。
当社グループの企業価値等を検討される場合には、上記につきご留意ください。

矢印アイコン PageTop