四国化成工業株式会社

化学品事業

除藻・防藻剤 「アクアクリーン」

アクアクリーンG 顆粒剤

使用方法
  • 藻の予防
    プール期間中の遊泳終了後や休日前に、週1回程度、特に降雨直後にはその都度、所定量を投入すると、藻の発生を予防し水質も良くなります。
  • シーズン前(水抜き前)の殺藻
    プール掃除の7日前にプールを満水にし、プール水100m3に対して4kg投入し、放置後排水しながらブラッシングしてください。
  • 除藻
    藻が発生した場合は遊泳を一時止め、ろ過機を停止したのちアクアクリーンGを水 100m3に対して約2kgを投入してください。翌日、水を補給しながらろ過機を運転してください。
  • プール清掃時
    樹脂製容器(ポリバケツ等)でアクアクリーンGを溶かし、ブラッシングしてください。
排水時の注意

残留塩素濃度を0.4mg/L以下に調整してください。残留塩素を1mg/Lだけ下げるのに必要な脱塩素剤クロルイーターの量はプール水100m3に対し200gです。必要量をあらかじめバケツで溶解し、できるだけ均一に投入してください。

標準使用量
使用目的 アクアクリーンG
藻の予防 500〜600g/プール水100m3
除藻 約2,000g/プール水100m3
シーズン前の殺藻 約4,000g/プール水100m3
プール清掃時 40〜50g/水10L

アクアクリーンL 液体

アクアクリーンL 液体
  • 荷姿
    • L1: 10kg段ボール箱 (1kg×10本)
    • L10: 10kg段ボール箱 (10kg×1本)
シーズンオフの防藻
  • 使用方法
    水1m3あたりアクアクリーンLを約25gご使用ください。
    • 一回の投入で長期間にわたり、藻の繁殖を防ぐことができます。
    • 翌シーズンのプール清掃が簡単になります。
使用上の注意
  • アクアクリーンLは、魚毒性があるため魚を飼っている池などには使用できません。
  • 翌シーズンに河川へ放流する場合は魚毒性対策を行ってから放流して下さい。
  • 藻の種類や水質によって効果に差があります。
標準使用量
水量 アクアクリーンL
200m3 5kg
400m3 10kg
600m3 15kg
800m3 20kg
1000m3 25kg
  • 投入はポリバケツ等で希釈し周囲より投入してください。
  • 投入終了後は、ろ過機を停止してください。(アクアクリーンLの成分が、ろ過機に捕集されて防藻効果が低下します。)
  • 水質等によっては効果の低下が見られますので、追加投入してください。
短期間休止時の防藻
  • 使用方法
    水1m3あたりアクアクリーンL約3gとアクアクリーンG約5gご使用ください。
    • お盆休みや連続休暇などで、しばらくプールの使用を休止する場合も藻の発生が予防できます。
    • 休み明けのプール清掃が容易になります。
    水量 アクアクリーンL アクアクリーンG
    200m3 0.6kg 1kg
    400m3 1kg 2kg
    600m3 2kg 3kg
    800m3 3kg 4kg
    1000m3 3kg 5kg
    • 投入終了後は、ろ過機を停止してください。
遊泳期間中の除藻
  • 使用方法
    水1m3あたりアクアクリーンL約3gとアクアクリーンG約15gご使用ください。
    • アクアクリーンGとの併用により頑固な藻の除去ができます。
    • 人体には安全で、安心してご使用いただけます。
    水量 アクアクリーンL アクアクリーンG
    200m3 0.6kg 3kg
    400m3 1kg 6kg
    600m3 2kg 10kg
    800m3 3kg 12kg
    1000m3 3kg 15kg
    • 各々別々に投入し、終日ろ過機を運転してください。(ろ過圧の上昇に注意してください)
    • 遊泳開始にあたっては、残留塩素濃度をチェックし、基準値に合わせてください。
矢印アイコン PageTop