四国化成工業株式会社

化学品事業

活性栄養剤 「ミクロフローラ」

活性栄養剤 ミクロフローラ

排水の栄養バランスを最適値 ( BOD : N : P = 100 : 5 : 1 ) に整えるための栄養剤です。

  • 新規の立ち上げ
  • 日常の維持管理
  • 長期間休止時の維持管理用

として、幅広くご使用いただけます。

商品名 用途 使用目的 荷姿
ミクロフローラ CNP
(粉末)
微生物の
栄養補給
3大栄養素の炭素源(BOD)、窒素源(N)、リン源(P)をバランス良く配合してある栄養剤。 20kg段ボール箱
(10kg×2袋)
ミクロフローラ C
(粉末)
炭素源(BOD)を配合した栄養剤。
ミクロフローラ N
(粉末)
生育因子としての窒素源を配合した栄養剤。
ミクロフローラ P
(粉末)
生育因子としてのリン源を配合した栄養剤。
ミクロフローラ
NP-20(液体)
窒素源(N):リン源(P)=5:1に調整してある液体栄養剤。
ポンプによる連続注入が可能。
20kgバッグインボックス
ミクロフローラ
NP-1150(液体)
1m3コンテナ
(内容量:1,150kg)

成分表

商品名 BOD(%) T-N(%) T-P(%)
ミクロフローラ CNP 40 3.1 2.1
ミクロフローラ C 50
ミクロフローラ N 35
ミクロフローラ P 40
ミクロフローラ NP 15 3

用法・用量

ミクロフローラ CNP
  • 500mg/L(ばっ気槽容量基準)をばっ気槽に投入。
    投入量(kg)=ばっ気槽容量(m3)×0.5(kg/m3
    • 長期間、設備に排水が流水しない時は、1週間ごとに投入。
    • ミクロフローラCNP、Cは共に1kgの投入量で0.4kgのBOD源として換算されます。
ミクロフローラ C
ミクロフローラ N
  • 投入量(kg/日)=BOD総負荷量(kg/日)※×0.14
ミクロフローラ P
  • 投入量(kg/日)=BOD総負荷量(kg/日)※×0.05
ミクロフローラ NP
  • 投入量(kg/日)=BOD総負荷量(kg/日)※×0.33

※BOD総負荷量(kg/日)=流入水BOD濃度(mg/L)×流入水量(m3/日)÷1000

矢印アイコン PageTop