四国化成工業株式会社

化学品事業

沈降促進剤 「パワーフロック」

沈降促進剤 「パワーフロック」

沈降性の悪い活性汚泥や放線菌スカムなどを強制的に沈降させる薬剤です。トラブルの内容に応じて6銘柄から選択できます。

商品名 形状 使用目的 荷姿
汚泥沈降促進剤
パワーフロックM-127
粉末 沈降不良トラブル全般に、幅広く効果を発揮します(汎用)。 20kg段ボール箱
(5kg×4袋)
完溶型沈降促進剤
パワーフロックM-130
粉末 水に完溶するので、定量ポンプによる連続注入が可能です。
放線菌スカム解消剤
パワーフロックND-110
粉末 放線菌によるばっ気槽の発泡および沈殿槽でのスカム浮上現象を解消します。
高粘性汚泥沈降促進剤
パワーフロックL-119
液体 高粘性汚泥などの沈降性を改善します。糸状菌の抑制効果を兼ね備えているので、単独または「バルハンター」と併用で糸状性バルキングの根本原因の解消用としても使用できます。 20kg石油缶
沈降不良慢性化現場用
パワーフロックL-200
液体 沈降不良トラブル全般に、幅広く効果を発揮します(汎用)。また、液体品であるため、定量ポンプによる連続供給ができ、夜間及び休日の無人管理が可能です。 10kgバッグインボックス
フロック形成助剤
ニューフロックベース
粉末 助剤を核にして、沈降性の良いフロックを形成します。原水のSS濃度が低い現場では、沈降性が飛躍的に改善します。 20kg段ボール箱
(10kg×2袋)

用法・用量

商品名 形状 用法・用量
汚泥沈降促進剤
パワーフロックM-127
粉末
  • ばっ気槽内活性汚泥量(kg)に対し、5〜10g/日をばっ気槽 に投入
    • 投入量(kg/日)=ばっ気槽内活性汚泥量(kg)
      ×0.005〜0.01(kg/日)
    • 7日分の薬剤を準備してください。なお、ND-110は3日分をご準備ください。
    • 定量ポンプを用いる場合は、M-130は1〜3%の水溶液、
      L-119は20〜60倍希釈してご使用ください。
  • L-119による糸状性バルキング抑制効果
    • 投入量(kg/日)=ばっ気槽内活性汚泥量(kg)
      ×0.01(kg/日)
    • 3日分の薬剤を準備してください。
完溶型沈降促進剤
パワーフロックM-130
粉末
放線菌スカム解消剤
パワーフロックND-110
粉末
高粘性汚泥沈降促進剤
パワーフロックL-119
液体
沈降不良慢性化現場用
パワーフロックL-200
液体
  • ばっ気槽内活性汚泥量(kg)に対し、1〜2g/日をばっ気槽に投入。
    • 投入量(kg/日)=ばっ気槽内活性汚泥量(kg)
      ×0.001〜0.002(kg/日)
    • 定量ポンプを用いる場合は、100〜200倍希釈してご使用ください。
フロック形成助剤
ニューフロックベース
粉末
  • 100〜300mg/L(ばっ気槽容量基準)をばっ気槽に投入。
    • 投入量(kg)=ばっ気槽容量(m3)×0.1〜0.3(kg/m3

※ばっ気槽内活性汚泥量(kg)=ばっ気槽容量(m3)×MLSS(mg/L)÷1,000

矢印アイコン PageTop