四国化成工業株式会社

Responsible care

環境

レスポンシブル・ケア基本方針

①理念
地球環境の保護に配慮し、自然との調和を第一に考える、心豊かな社会に貢献する企業市民を目指します。

②基本方針
  • 安全確保と省資源・省エネルギー・産業廃棄物削減等の推進による環境保護は、企業の義務と考え行動する。
  • 自然と人に優しい製品を提供する。
  • 環境保全及び従業員と市民の安全・健康確保に努め、地域との調和を図る。
  • 製品の全ライフサイクルにおける安全・環境への配慮に努め、負荷を軽減する。
  • RC活動推進マニュアルに従って活動し、環境負荷の継続的改善を図る。
  • 製品の安全・環境情報の提供を行う。
  • 国内外における法規制を順守し、より積極的な環境保護措置を講じる。
  • 丸亀工場及び徳島工場において、環境マネジメントに関する国際規格ISO 14001の積極的な運用を図る。

レスポンシブル・ケア(Responsible Care=RC)とは

化学物質等を製造または取り扱う事業者が、製品の開発、製造、物流、使用、最終消費、廃棄の全ライフサイクルにわたって環境、安全、健康を守る自主管理活動のことです。

自然と人に優しい製品群

四国化成では、企業として環境保全に対して積極的な取り組みを続けているほか、製品開発の面からも地球環境・生活環境や健康、安全に貢献する製品群をお届けしています。

ネオクロール

1964年に当社が国内で初めて量産化した塩素化イソシアヌル酸。その優れた特性を生かしたプール用薬剤 ネオクロールシリーズは、自動塩素管理システム ナピックスとともに、学校プールやレジャープールで、快適かつ安全な遊泳環境に貢献しています。

ネオクロール製品ページへ
スパクリーン

公衆浴場などの入浴施設では、浴槽水を常に清潔に保つことが必要です。一見きれ いに見えるお湯もゴミを取り除くだけの循環使用では、レジオネラ菌などの細菌類を除去できません。塩素化イソシアヌル酸系の風呂水専用塩素剤であるスパクリーンは、自動塩素管理システムとともに強力な活性塩素の作用で風呂水を常に衛生的に保ち、安心して入浴できる環境をつくります。
また、アルカリ温泉用としてスパクリーン・ブロム60Tや、社会福祉施設等の中・小規模浴場用としてレジオハンターミニタブレットも提供しています。

スパクリーン製品ページへ
ネオクロールマリーン

船舶がバランスを保つために積み込む水であるバラスト水は、荷物を降ろす港で注水され、荷物を積む港で排出されます。バラスト水に含まれる生物の排出に伴う環境への被害を防止するため、2017年9月に船舶に対してバラスト水の適切な管理を求める国際条約が発効しました。

タフエース(プリント配線板用水溶性防錆剤)

パソコンやスマートフォンなどの電子機器に使用されているプリント配線板は、地球環境保護の観点から、無鉛はんだを用いた部品の高密度表面実装が主流となっています。タフエースは、はんだ付けが難しい無鉛はんだでも顧客が要求する良好なはんだ付け性を提供できる耐熱型水溶性防錆剤です。また、タフエースは水溶性であるため、人と地球に優しい作業環境を提供します。

タフエース製品ページへ
オーディライト(余剰汚泥低減化剤)

活性汚泥法による排水処理において発生する余剰汚泥を減少させるシステムです。
溶解器と専用薬剤のみから成る簡便なシステムで、高額な初期投資を必要とせず、農業集落排水や食品工場等の排水処理施設に後付けもできます。また、環境省の環境技術実証制度「環境技術実証事業」平成23年度対象技術に選ばれ、第三者機関による客観的な実証試験が実施され、その性能が承認されました。

オーディライト製品ページへ
グリーンシェード

ヒートアイランド現象の対応策として屋上緑化の導入が広がっています。空中緑化システムグリーンシェードは、内部に雨水貯水槽をもつプランターの上に二重構造のメッシュパネルを取り付け、つる性植物を這わせて緑の影を作ります。プランタータイプなので、大掛かりな改修工事が不要で、雨水利用で水やりが軽減できるなど、これまでの屋上緑化商品にみられた課題も解決し、壁面緑化へも展開しています。この商品は二酸化炭素の削減にも役立ちます。

緑化のススメへ
けいそう壁シリーズ

珪藻土を主成分とした壁材で、優れた調湿性、断熱効果、吸音性を発揮します。有害なホルムアルデヒドを吸着して無害な物質に分解する、人に優しい内装材です。石膏ボードに直塗り可能な商品では炭素繊維を配合することで中塗り工程を不要とし、省資源にも貢献しています。また、ビニルクロスの壁紙を剥がさず、上から塗り替え可能なリフォーム材も提供しております。
SATORI(米国における壁材ブランド)はIndoor Advantage TM Goldを取得しています。
※Indoor Advantage TM Goldとは
製品の安全性を証明する米国の規格で、第三者認証機関の審査に基づき認証されます。認証された製品を使用している建物は、室内の空気環境がよいということで、「LEED認証」に必要なポイントが加算され、ポイント合計によってグリーンビルディングとして認定されます。
-LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)とは-
米国の建築業界を中心とする民間企業によって組織・運営される「米国グリーンビルディング評議会(U.S. Green Building Council)」が制定・推進するプログラムのひとつです。建築物が環境改善にどのように貢献しているかを、設計のコンセプトや使用されている資材など、様々な視点から評価する制度です。

塗り壁のいろはへ
リンクストーンG(エコマーク認定商品:認定番号08 131 008号)

リンクストーンGは、空き瓶などの廃ガラス材を利用した環境に優しいリサイクル舗装材です。耐候性が高く、透水性に優れているため水たまりができにくく安全です。また、適度な凹凸があるため歩きやすいといった特長を持つ、エコマーク認定商品です。

舗装材へ
アートウォール

アートウォールは、アルミフレームと化粧材を組み合わせた外塀です。軽量な本体構造で、十分な美観を備えながらも、重量は一般的な軽量コンクリートブロック塀の約20分の1という特長を持ち、万が一の倒壊時にも被害を最小限に留められる設計です。一般社団法人文教施設協会の「学校施設優良部品推奨品」の指定及び国土交通省の新技術情報提供システム(NETIS)の登録を取得している安全性に優れた製品です。

アルミシステム塀へ

2020年度 環境保全に関する重点目標

製造業を主体とする四国化成グループは、安定した安全操業の推進に向け、設備の維持管理及び保安防災に努めております。また各事業所から排出される温室効果ガス、エネルギーや水などの資源の使用量の削減、化学物質及び産業廃棄物が環境に与える負荷の継続的な低減により、環境保護及び地域住民の皆さまと従業員の安全・健康の確保に貢献することを目指しています。
環境保全に対する取組みのほか、製品開発の面からも地球環境・生活環境や健康、安全に貢献する製品群を提供しています。
第21回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP21)において、地球規模の新たな法的枠組みとなる「パリ協定」が採択され、日本政府は、温室効果ガスの削減目標を2030年までに2013年比26%削減、2050年までに80%削減としています。本年、四国化成グループでの温室効果ガス削減に取り組むために、目標を見直しました。

目標項目 対象 目標値 取り組み方針
1 温室効果ガス
(GHG)排出量削減
(CO2換算)
四国化成グループ
(Scope1,2)
  • 2030年度:2013年度比26%削減
  • 2021年度:前年度比2.1%削減
    (売上高原単位)
[生産事業所]
  • 改善活動により、生産効率の向上、ロス削減、機器性能の改善
  • 熱利用設備や空調機器、冷凍冷蔵機器の運転条件の最適化
  • 充電が必要な機器は夜間電力の利用を推進
[非生産事業所]
  • クールビズ、ウォームビズの徹底
  • 省エネ設定温度の遵守
  • 高効率機器(LED照明等)に更新
[輸送]
  • 製品輸送効率の向上(輸送ルートの工夫、計画的な貨物輸送、組み合せ輸送等)
  • エコドライブの推進への協力
2 使用エネルギー
削減(原油換算)
四国化成グループ
(Scope1,2)
  • 前年度比1%削減
    (使用エネルギー原単位)
四国化成
  • 5年平均1%削減
    (使用エネルギー原単位)
四国化成(輸送)
  • 前年度比1%削減
    (使用エネルギー原単位)
3 水や大気への
環境負荷の管理
及び低減
生産事業所
  • 水域への排水について、年間平均値が法定基準以下
  • 大気への放出について、大気汚染防止法の排出基準以下
  • 放出する排水/大気の分析・監視
  • 国や地域の法令確認と遵守
  • 自社基準による逸脱の防止
4 社外処理産業
廃棄物の削減
生産事業所
  • 対前年度以下(生産量原単位)
  • 原材料や包装形態の見直し等で3R活動に取り組む
  • グループウェアの利用推進や文書の電子化の推進
5 安全・環境保全活動
への参加と協力
四国化成グループ
  • 安全で安定した操業
  • 地域の環境保全活動に参加
  • 取引先と連携した環境保全活動を推進
  • 設備の維持管理及び保安防災
  • 事業所近辺の地域活動に参加
  • 調達基準の設定の検討
6 環境管理システム
の運用
生産事業所
  • PRTR制度 対象物質の適切な管理
  • 排出、移動量の把握
丸亀工場
徳島工場
  • ISO14001の積極的な活用を図り、環境への負荷を抑制
  • 環境マネジメントシステムの取り組み推進

■対象
・四国化成グループ:四国化成グループ全社
・四国化成:四国化成単体
・生産事業所:丸亀工場、徳島工場、多度津工場、鳴門工場、嵐山工場、大分工場、高瀬工場

ISO14001 活動状況

2002年度に丸亀工場、徳島工場(北島事業所)で環境保全に関する国際規格ISO14001の認証を取得し、従業員全員参加による環境保全活動を展開しています。ISO14001により策定された活動計画に則り、リスクアセスメントや教育、自己監査などを実施しています。

矢印アイコン PageTop