四国化成工業株式会社

化学品事業

耐熱型水溶性プレフラックスとは

プリント配線板の銅回路部分を酸化から守り、良好なはんだ付け性を維持するための表面処理剤のことです。そして部品実装時においては、良好なはんだ付け性を維持・確保する役割を担っています。

基本情報
役割・要求特性
造膜メカニズム・処理ライン

構成成分

  • イミダゾール化合物
  • 銅イオン
  • 有機酸
水溶性プレフラックス処理

処理例

40℃/30-90秒浸漬することにより銅回路上に約0.2~0.3μmの有機皮膜が形成される。

タフエース処理

水溶性プレフラックスの役割

はんだ付けを通じて、基板メーカーとセットメーカーの橋渡しをする。

水溶性プレフラックスの役割

水溶性プレフラックスの要求特性(例)

良好なはんだ付け性の維持・確保

水溶性プレフラックスの要求特性(例)
良い状態
銅箔部分がはんだで完全に覆われている
水溶性プレフラックスの要求特性(例)
悪い状態
銅箔部分の一部が露出している

水溶性プレフラックス膜の造膜メカニズム(推定)

良好なはんだ付け性の維持・確保

水溶性プレフラックス膜の造膜メカニズム(推定)

水溶性プレフラックス処理ライン例

水溶性プレフラックス処理ライン

矢印アイコン PageTop